頼りになる公共施設

賃貸生活を始めるなら周辺環境をチェックしよう

就職や転勤などがきっかけとなって、賃貸生活を始めるケースはとても多いです。便利で快適な賃貸生活を送りたいなら、物件の周辺環境について調べることが大切です。特に、公共施設があれば、とても頼りになりますので要チェックです。家賃や間取りなど、希望の条件にぴったり合う物件が見つかったら、地図で調べて周辺に設置されている公共施設を確かめましょう。ただし、最新の地図で確認することがポイントです。公共施設が移転しているケースもありますから、十分に注意しましょう。スマホの地図アプリは精度が高いので重宝します。また、物件から公共施設までの距離を正確に把握しておくことがコツです。公共施設までの交通手段も調べておけば、いざという時に役立ちます。

チェックしておきたい公共施設

賃貸暮らしが決まったら、公共施設の所在地を確かめておきましょう。とりわけ市役所や区役所、町役場などの役所は重要な公共施設です。住民票を取り寄せたり、年金の手続きを行ったりしますので、早めに所在地を把握しておくことが大事です。また、役所では災害マップを配布しています。地震や津波、台風などの自然災害に遭った時に役立ちますので、必ず入手しておきましょう。いざという場合に備えて、避難場所や避難経路を確かめることも大切です。ほかにも、事件や事故に備えて安心したいなら、警察署や消防署の所在地を確認しましょう。さらに、図書館や美術館などの公共施設をチェックしておけば、週末などに読書や芸術鑑賞を満喫することができます。