賃貸物件の築年数

築年数のチェックは大事

中古のマイホームを購入する際に築年数をチェックすることはとても重要です。そして賃貸物件を借りる際にもマイホームを購入するときほどではありませんが、築年数をチェックすることは重要ですし、実際に築年数で借りるかどうかを判断している人は多いです。築年数がそれほど経過していない物件というのはやはり築年数が経過している物件と比較して全体的に設備が新しく便利なものが整っています。特に女性で一人暮らしをする場合は防犯面に大きく関わってくる要素なのでは築年数はしっかりとチェックしておいたほうが良いでしょう。そしてエントランスや共用部分もやはり築年数が浅ければ浅いほどきれいな物件が多いです。その一方で家賃は新しい物件になるほど高くなります。

築年数が古い物件のメリット

では築年数が古い物件は絶対に選ばないほうが良いのか、というとそんなことはありません。築年数が古い物件にもいろいろなものがあるので、自分の求めている条件と一致しさえすればとてもお得な物件を手に入れることができます。まず築年数が浅い物件と比べると同じ条件の場合、賃料は築年数が古い物件のほうが安いです。という事は賃貸物件の選択肢が広がるという事になります。とても便利な立地にある賃貸物件を見つけることができるかもしれません。そして築年数が古い物件の中にはリノベーションが施されている物件もあります。リノベーションが施されている物件であれば、お得な値段で最新の設備が搭載されている部屋に住むことができるでしょう。